2018年1月20日土曜日

コラムニストの気持ち

夜になるとよく嫁さんに聞くことがあります。曰く「今日のブログ何書こう?」と。

私はコラムニストではないので、それで生計を立てている訳でもありません。また万一こんな糞ブログが書けなくても誰も困りませんので問題は無さそうなのですが、その日付け周辺で起きた出来事や自分自身の考え方等を記録していくという作業を続ける事自体は10年程前にちょろっと考えた以上に自分を縛る様になってきております。

実際に文章を書くことによってお金を頂く仕事、売文はしておりませんので、締切もなければ誰かに対する責任もないと言えば”それまで”なのですが、こうやって十年以上続けてやっていると「書かなアカン」という一つの決まりみたいな感じになってきてしまいます。

まあ、やがては病気で書けなくなったり、耄碌して認知機能障害でわけのわからん文章を書き殴ったり(現時点でもわけのわからん文章で、誤字脱字も多々ありますが!w)、死んでしまって突然ブログがアップされなくなったり・・・なんていうことも”人として生きている限り”当然起きてくるのですが、とりあえず今のところはなにがしかの文章を書くということが日々の習い性となってしまっています。

その程度のつまらない日々の備忘録をアップすることでさえナカナカに大変なのに、締切に追われて居るコラムニストや文筆家は更に中身の質の高さや正確さ、面白さまで要求される日々な訳ですから、どれほどプレッシャーがかかっているのかを考えると何だか気の毒になります。

得意のはずの文筆業で物書きとして生計を立ているとは言っても、いつもいつもスラスラ中身が出てくる人ばかりでもないでしょうし、書いた文章の内容によっては世間の皆様から非難轟々の状況に追い込まれるようなこともあるわけですから、私のように”誤字があろうが脱字があろうが、適当に書き散らして終わり”というわけには参りません。w

おまけにそういった人々は書く文章で生計を立てているわけですからね。その書く内容に対する真摯さの度合いは普通に考えて私の数百倍かと・・・。書けなくなったら人生自体が終わりというのは、本来は大好きかつ得意なはずの”物書き”が逆に自分を追いかけているような状態にあなっているわけで、これは実際のところ怖い話だとも思えるんですが、プロの皆さんはどういう日々を送られているんでしょうか・・・。

文章を書くという行為の重みは立場によって本当に異なるもんだろうなとちょっと考え込んでしまうのでした。

2018年1月19日金曜日

生保ビジネス

本当に悪い奴らは居るもんです。

法の目を掻い潜って悪いことをする輩は古今東西跡を絶つことは決してありませんが、生活保護に関わる連中でそういう悪徳ビジネスに手を出してくる「や」の字がどこからでも湧いて出てきます。そういった仕事は結構多層構造で収奪するように出来上がっていて、なかなか元締めのは尻尾を掴まれないようにズルく立ち回っております。

当病院に出入りする各役所の福祉課の人や当院の社会課の人の話を聞く限りでは、末端が捕まってもその上が誰かは判らないように連絡は何段階かになっていて、上の方の連絡先を下の方は知らないという形をとることで、芋づる式を防ぐ初歩的な構造が作られていることが多いという言うか”普通”だといいます。

最近は本やニュースになっていることも多いので、多くの方がその内容に関するあらましを知る機会が多いかとは思いますが、生保ビジネスというのは簡単に言うと”劣悪な環境下に生活保護を受けている人間を多数押し込んで、生保の金が個人に渡るたびにその金の殆どを巻き上げ、残りの僅かの金だけを本人に渡してどこに移動することも出来ないくらいの生かさず殺さずの状態を作り出すというものです。

しかも、実際のところ、そういった危険で劣悪な環境にスシ詰めにされている人達は、声を上げることも出来ないような知的レベルや身体的状況の人も”非常に”多く、いわゆる反抗とか離脱の気力とかが無いように仕向けられているのです。

私の患者さんで一度入ってきた人も、インチキ宗教法人に絡みつかれて、暴力まで振るわれているのに、宗教の名を騙るクズ共に心の底から依存しきる状態に育て上げられてしまって、痛めつけられ金を巻き上げられる”その場所”に再び還っていったのです。

実際には巧妙に”依存するように”仕向けられていると言ったほうが良いでしょう。人の気力を奪い、人の希望を奪い、社会の金を間接的に吸い続ける社会のダニは地獄へ墜ちて痛い目に遭え!と心の底から思う最近の私でした。

2018年1月18日木曜日

事故リスクゼロの運転など無い

今日は病院の事務関連の若手から突然コールがありました。

「先生、事故に巻き込まれましてちょっと調子がわるいので診察してもらえませんか」というもの。
「どうしたん?」と聞くと「交差点を直進していたら、右折してきた60歳の女性とぶつかった」とのことでした。彼は運動神経抜群の若手で、運転歴も既に十年以上でしたが、やはりこんな事故に巻き込まれてしまいました。

彼の言うには「例え自分が直進であっても、もう少し注意していれば事故は防げていたはず・・・」とのことでしたが、直進の彼も警察が言うには”交差点内”だった為、事故の責任が10:0になることはないだろうと示唆されたということです。

おまけに病院の車は廃車。ぶつかった相手の女性は、少なくとも彼自身よりは衝撃は少なかったらしいのですが、念のために救急車に乗せられて搬送されたとのことでした。彼自身はと言うと、右膝と胸骨を打撲、左の頸にも屈曲時に少し弱い痺れを認めました。どちらの車もエアバッグが膨らみ白い粉が服に沢山ついただけでなく、(推測ですが)インフレーターが爆発した衝撃によるものと思われる外傷性難聴のような状態になっておりました。

少し聞こえが悪いと言うので直ぐに調べたところ、右耳が4000Hzくらいで少し聞こえが悪いようでしたが、この点は一日待ってフォローしてみることとしました。

取り敢えずは頭部と胸骨、肋骨などに骨折がないことを写真で調べ、CTでも頭蓋内の出血と胸腔内、胸骨柄の内側に出血や骨折がないことを確認してまずは一安心となりましたが、明日以降また痛みが出てくるようなことがあれば、MRIで精密検査もアリだからね〜!と言って、本日のチェックは終了と致しました。

ただし、彼には「必ず奥さんの隣で寝ること!万一の場合は必ず救急にコールを入れること!」と口酸っぱく念を押して帰しました。本来、こういう事案は病院に一泊くらいするのがベストなのですが、彼が「帰る」ことに拘ったので、検査結果と併せて上記のように”念を押した上で”許可しました。

誰でもどこでも、”歩いていても人同士がたまにぶつかるように”車が移動する限りいつでも事故のリスクは有るということを改めて思い返させるインシデントでした。

私も”改めて”気をつけることと致しました。(日常の移動には皆様もお気をつけて!歩いていても跳ねられることはあります。)

2018年1月17日水曜日

新しい自動車のナンバー

今日まで知りませんでしたが、明日くらいからアルファベットが入ったナンバープレートが交付されるんですね。

実は既に2016年の半ばに2018年の4月頃からそういったプレートが出ることが予告されていたようですが、私の方は全くそんなことを知りませんでした。

上の画像のようなものが愛知県では、特に名古屋ナンバーで登場するとのことですが、名古屋ナンバーだけで150万台くらいだったかな?それくらいの車が走っているそうで、横浜などとともに全国で一番車のライセンス・プレートの消費量が多いのだそうです。

たまたま見たニュースによれば最も早くて1月19日がその第一号の交付を受ける人になるようですが、きっと初めてみたら「お~っ!これか〜!」てな感じなんでしょうね。(一昨年のニュース予測では今年の4月頃のはずだったんですが。)

今までアメリカでは外交官ナンバーやその他の変わったプレートがいろいろありましたが、日本では本当に”退屈”なプレートばっかりでしたので、少しくらいは楽しめますかね?
個人的には、まだまだ沢山のデザインプレートが出てほしいもんですが・・・。

2018年1月16日火曜日

慰労会

昨夜は6時から藤が丘で個人的な慰労会を持ちました。

飲んだ相手は医事会計課の主任で、30代前半とまだまだ若いのに大変責任の重い仕事を任されて孤軍奮闘している人物です。彼と飲もうと思ったのは最近の彼の努力に報いるため。私自身は彼の仕事の能力を大変高く評価しており、病院全体の未来の運営のカギを握る人間の一人だと予想しております。

ただし、彼の仕事に対しては事務局長の方からは「出来て当たり前」程度の評価の言葉しか貰っておらず、重い仕事の責任と評価のバランスが取れていないと常々思っておりましたので、最近の私の病棟業務との兼ね合いで一緒に頑張ってくれたお礼に美味しい料理と酒を飲もうということで本日の飲み会となりました。

六時にあるビルの二階でビールの大ジョッキの乾杯からスタート。
同時に追加した美味しい魚と種々の料理に舌鼓を打ちながら彼に対する感謝の言葉とともに職務遂行上の悩みなども聞きました。基本的にどこを解決していけばそういった悩みが消えていくのかは良く見えているので、あとはそれを実行するだけなのですが・・・。

実はここに問題がありまして、彼の直接の上司がまず退職直前の人物で取り敢えずは”大過なく”あと数年を過ごすだけで充分という人物なんですね。能力はあるとの彼の評価ですが、既に「事勿れ」状態に入ってしまっているということ。これでは物事は変わりません。という訳で、私も応援するので更にその上を統括する上司である人物に対して”寝技”を使って次第に物事を変える方法というのを一緒に考えるというステップを今後組み込んでいくことに致しました。

その後は更に積もる話をいろいろとする中で、”月単位”で目標を決めてアレをしてコレをしてという具体的なプランを練りながら、また来月にはその検証をするための飲み会をやろうということになって二次会が終わったところで散会しました。

病院の未来を変えていく最大の力の源は彼らのような”これから”責任あるポジションに登っていく人間。影に日向に応援していってあげたいと思います。

2018年1月15日月曜日

個人的体験としての医療経済

医療で金を儲けることなんて考えないほうがヨロシイと最近改めて思っております。

自分の受け持っている責任病棟の医療区分というものがありまして、”大雑把”に言いますとそれがどの区分の患者さんを何割持っているかによってそこに支払われる医療費の額が変わるんですね。
しかし、実務的には、日々行われる業務の中でどのような患者を受け容れるのかどのようなタイプの病棟を目指すのかということで、その性質や区分は大きく変わってくるんです。

来年度の春をもって一旦この区分認定が一旦固定されるのにあわせて患者さんの受け容れ体制をいろいろと整えているところなのですが、どのタイプの区分を目指すかが直近まで理事会から示されなかったため、直前になってドタバタの決定を行う羽目になりまして、その割りを食った私がこの二ヶ月ほどその調整にヒーヒー言って走り回っております。

いろいろな病棟との調整、患者さんの受け容れ体制の微調整、社会課との交渉、他病院や施設との話し合いなど数え上げたらキリがないほどの事をやり込んでいきつつその区分認定を維持できる患者さんが何%病棟に居るのか経営者の目を持って対応していかなければならないのです。

正直そんなことは”全く”やりたくないのですが、それを今月中に達成しておかないと一病棟で年間数千万の収入減になるということで生き残ろいをかけての調整となります。

だからといって、患者さんを使ってインチキ治療をやったりインチキ検査をやる気はこれっぽっちも有りませんので、そこは正直太郎として対応し続けることになります。

「こうなれば意地でもやってやる!」と言う感じで、看護師さん達の雇用と給与を病棟責任者として守ろうと言う感じで頑張ってやっておりますが、こんなことしなければ維持できないくらいなら、最初から医療で金を勘定すること自体、オレ自身はしたくないな〜と心の底から思う今日このごろでした。

2018年1月14日日曜日

翻訳・通訳の未来

次女が大学でアラビア語とロシア語を学習していることを以前ちょっとここで書いたことがあります。

しかし、最近のニュースを見ているといろいろな会社が超小型のデバイスを用いてかなりのレベルのダイレクトな二ヶ国語、多国語間での自動翻訳が出来るようになってきています。
”AIを使った”というのがそのミソみたいなんですが、いろいろな言語を日本語や英語に約扠せてみても5年程前のものとは間違いなく”レベル”が違っているなというのを肌で感じますね。

この前日本に帰ってきた時に次女にそういうことを話してみました。「Googleとかがガンガン凄い自動翻訳機能を出してきてるけど、それが本当に進化してきてリアルタイムに正確で美しい翻訳できるようになってきたらあんたどうするん?」という質問を投げかけてみたのです。

次女の答えは簡単で、ニッコリ笑って「I don't know!」と一言だけの返事でした。

実際のところ私自身もその返事が最も正直、かつそれなりに正確な答えではないかと感じています。結局のところ、己が頭を使って言語を習得していく過程という行為そのものが言語の習熟という最終的な結果そのものよりも”人にとっては”大切な行為なんだろうと思います。

しかも、未来の彼女にとっては言語というのはあくまで仕事をする上でのツールの一部ですから、彼女自身が人として他に持っているものは何か、という点が彼女自身の未来を決めるのでしょう。
そういう意味では言葉を自分の土台にしてそれを操ることで、その上にある更に高いところにある”何か”を掴み取ってほしいなと考えるオヤジでした。

2018年1月13日土曜日

風呂場でKindle

え〜、アホな人間なので大きく失敗するまでなかなか反省したり行動に移すことが出来ない典型的な愚か者です。

今日もまたやらかしました。本日の失敗は”いつも”やっているKindleを風呂場に持ち込んでの失敗で、御想像通りのことなんですが、浴槽でず~っと本を読んだ後に立ち上がろうとした時、右側の壁にある1センチほどの出っ張りの事をスッカリ忘れていて、そこにキンドルをボコっと当ててストーンとキンドルが水の中に落ちていったのでした。

その瞬間「感電かな?」と思いながら落ちていくキンドルがコマ送りのように見えたのですが・・・幸いなことに何も起きませんでした。今回はバスロマンの”檜の香り”を入れておりましたので、落ちていったキンドルは白く濁った水の底で見えなかったのですが、恐る恐る手で探りを入れると直ぐに手の先に触りました。

直ちに持ち上げて風呂場を飛び出しタオルで急いで表面と周りを拭き取り。
その後、画面を見るとまだ画面のインクは見えております。しかしなんとなく色が変・・・。それでもめげずに電源コードとスイッチの部分の水を除くために遠心力を付けてキンドルを振り回してタオルとティッシュを使って水を抜き取ります。

その後、もう一度恐る恐る画面を見るとやはり様子が変。当然ですよね。orz
それでも電源など入れず、自然乾燥を行なって見ると濡れた携帯などでも時間が経つと全く何事もなかったのように動き出すことがありますので、焦らず放置しておりました。

翌朝、驚愕の事態が!
事情を知らない嫁さんが思いっきり電源を突っ込んでフルチャージ。うちの嫁さん、趣味が充電という変な人でして、充電率が60%くらいになってくるともうソワソワしだすような小心者。まあ、おかげで色々と助かっっている面もあるんですが、今回は内心「逝ったかな?w」と思いながら画面を操作してみると取り敢えず元に戻ってくれておりました。

ホッ。

そもそも風呂の中で読むなよな。オレ。(しかし、これからも普通の紙の本はまだ読むつもりです。)

2018年1月12日金曜日

いい加減もう変えればいい・・・

雪やこんこんというのは私にとっては、降り始めから数日は楽しいことですがそれも続くとやっぱり正直飽きてきます。

更にそれが”物凄い”降雪量だと経済活動全般に影響をおよぼすことも普通に起きますし、人の命がかかるインシデントが起きることも。ニュースを見ていると、列車に閉じ込められた大勢の人達が十数時間も閉じ込められたと報じられていましたが、水や食料がなくてもまだ若い人たちは”なんとか”ぎりぎり大丈夫かもしれませんが、高齢者や子供さん、高血圧や心疾患、腎臓病などの循環器、泌尿器疾患・糖尿病などの代謝に関連する基礎疾患を持った方々にとっては冗談抜きで命に関わる状況だったと推測されます。

救急隊も到着に難儀したとのことですが、やはり12時間を超えるようなレベルでの電車内での”閉じ込め”は自衛隊レベルでの救助要請を出すべきだったのではないかと私個人では考えます。少なくとも私が社長だったら”その程度は”考えてやるでしょう。

さて、この時期毎年毎年話題になるのが共通テストを受ける学生さん達の雪や氷との格闘です。
いつも思うんですが、もうこの時期にこう言った”一生に関わるイベント”が、国歌主導のもとに選りに選ってこの時期に行われるのをいい加減やめろよということ。日本のように国土が南北に伸びている国で、とても同じ条件とは思えない環境下で国家による一発勝負の統一試験を行うのは馬鹿げていると思うんです。

アメリカみたいに何度かの試験の結果の一番いいやつでもいいだろうし、少なくとも学制を変えてでも気候が穏やか目の時期に試験を持ってくればいいと思いますが?
試験会場の近くにホテルをとらない甘さがとか何とか言う連中が居るのは確かですが、みんながみんなそんなことが出きる訳でもないという事くらい経済的、地理的多様性を考えれば誰でも理解できること。

外国語である韓国語の試験の平均点が常々20-30点高くても補正されない不公平さと相俟って、いつも私の中で小さな怒りのネタになるのイベントなのでした。

2018年1月11日木曜日

長崎に大雪!

嫁さんの実家からびっくりするようなレベルの降雪があったというニュースが入ってきました。

家は長崎なのですが、実際に義理の親父さんが玄関先で写っているスマホで送られてきた写真を見ると、軽く厚さ10センチはありそうなフカフカの雪が一面に積もっています。おまけにず~っと向こうの景色も深い深い雪で覆われて、山肌一面が真っ白。

雪といえば名古屋の雪は少なくとも私が経験している範囲では全然根性がないですな。
降ることは降るんですが、その位置に比べて積もることは少ないし、積もったとしてもアッと言う間に消えてばかり。雪や雨が”大好き”な私としては、そういった季節の振れ幅を愉しむ要因の”振幅”が少ないのは大変残念なのです。

アメリカではバージニアもメリーランドも降るときはきっちり降って降り積もることが殆どでしたし、ドカ雪が来たときなんかはホントに一晩どころか数時間で歩行困難に、そして翌日は車がどこにあるのかわからないレベルにまでなったこともありましたし。

少なくとも名古屋では四駆を積極的に買う理由は見当たりませんが、これが岐阜や長野になると四駆でなければやばい季節というのがまさに今来てますからね〜。昨年の冬と春には確かそれぞれ一回づつ四駆でなければ運転が難しいような日があったと思うのですが、今年はまだ元気ないですね。

雪雲にはキッチリとカタをつけて欲しいものです。:-)