2017年7月25日火曜日

ETCカードの非合理性

IT技術の活用と言う意味でETCカードは間違いなく一つのマイルストーンだと思います。

しかし、技術はともかくそれを運用する側のシステム整備が実に文系的運用で、あちこちに穴ぼこだらけだというのが日本に帰ってきて使っていると始終感じるのです。何をどうしたらこんな文言で条文を整備するんだろうかというような説明があって、整合性と言う意味では落第レベルの条文だと思います。

例えば障がい者割引の適用に関して身体障害者と精神障害者、発達障害者の運転の常識というのが全く考慮されていない。割引を通じてそれらの方々のハンディキャップに対応するという意気や良しと言いたいところなのですが、本当に性悪説に基づいて運用されているかのような制限に次ぐ制限の文言の羅列。

非常に細かくETCを”利用できなくなる場合”と”利用できなくなった時の”割引の適用除外”は書き込まれているのですが、どうしたら便利に利用できるのかそして実際の割引の実態はどのようなものなのかということに関する細部の説明はメチャクチャ端折ってあります。w

例えば発達障害や精神障害のある人はそもそもクレジットカードの発行を受けられないケースというのがあるわけだし、それに付帯したクレジットカード会社発行のETCカードは障害のある人の”本人名義”でなければならないなどと定められていますが、そんな”クレジットカードなど作って使用するわけもない”様な人達のためのETCカードは割引を使うためにはその矛盾した条件のもとで請求したクレジットカード会社発行の”本人名義”ETCを請求しなければならないわけです。場合によっては年会費数千円を払ってでも・・・。

今は皆の突き上げを食らったETC管理会社側がETCパーソナルというのを作ってクレジットカード会社を経由しなくてもETCカードの発行が出来るようにはなりましたが、これには月平均利用額の四倍のデポジットの前払いが前提条件だったり、(例えば月の平均予想使用額が二万だったら八万!とか。)年会費も1200円とか、普通のETCカードより経費がかかる。w

こういう所はアメリカの現実に則ったflexibilityとは全く違いますね。やっぱりシステムの柔軟な現実的運用というのはシステムを活かしも殺しもするなっていうのが正直な感想です。調べてみると本当にこれ以外にも存在意義不明な除外細則多すぎ。w

角を矯めて牛を殺すというのはこのようなシステム運用そのものだと思います。

文系頭脳の皆さん、頼むからもう少し脳味噌使って・・・。
実際の所、これ作るのにベストな人はシステム作成能力のある数理計算に強い文系の人間だと思うんですが、そんな一流の文系人間はこんなマイナーな仕事にはそもそも割り当てられんか・・・。orz

人気ブログランキングへ

2017年7月24日月曜日

インターネットの普及前のネットの世界

私の同世代の人でももう知らないかもしれない。

日本には公開デジタルネットの幕開けとして(昔あったBBSは"一応"アナログとしておきましょう。)私が高校の頃くらいからCAPTAIN(キャプテン)システムと言うものが存在していました。
物凄〜〜く遅くて、物凄〜〜く中身がスカスカで、だ〜〜れも使わなかったこのNTTのシステムは、個人とかで超高価なシステムを購入しているもの好き以外には人混みの多い街角に極まれに端末が置いてありました。

その画面を操作していても地元の観光情報とか天気程度の情報程度しか手に入らない上に、1画面1画面が表示されるのがもう”当時でさえ耐えられないほど”遅いものでした。ほとんど”まったり”レベル。w

私のような末端の人間でさえ、当時NTTも政府もこの政策の邁進に多額の金や時間をつぎ込んでいたということは知っていたんですが、街角のキャプテンシステムを見て使ってみる度に確信を持って「駄目だこりゃ」と言えるレベルのものである事は容易に理解できました。

そうこうするうちに私の周りでは1991年位からインターネットというものが次第に大学院や大学レベルで登場し始め、更にそのネット環境にダイアルアップでモデムによる接続を行う人間が出始めたのでした。
しかしそれは同時にインターネットによる他のネット環境の駆逐でもありました、たしかフランスでもミニテルというこれまたインターネットのせいでガラパゴス化を余儀なくされたシステムがあったのですが、こちらの場合はインターネットの普及を遅らせるほど日常に溶け込む大成功ものだったと言われています。しかし、それほどのものでも、日本のキャプテンシステム終了に遅れること10年の2012年にはその命脈が尽きています。

私の周りではネットが出る前のPCというのは純粋に非オンライン上の計算装置や論文作成用のスライド作成マシン、または論文作成ワープロ、人によってはゲーム機・・・等となっておりましたが、次第にe-mailがアドレスの配布とともに普及し始め、gopherその他によるネットでの論文やデータ検索が始まりといったように”学術”においてネットの有る無しが勝負の一端を担うようにさえなってきたのが日本では1995年くらいだったと思います。

論文の投稿も1998年位には大手雑誌では次第にメールへのアタッチという形で普通になってきましたし、そのころアメリカに行った私の環境はNIHというこれまたガバメントがドンドコとネットにお金を使ってくれる施設だったので、学術環境の中でのネットの普及は生物学の分野としては最先端のものを診る幸運な環境に身を置いておりました。

それからたったの十年で・・・インターネットは本当に世界を大きく変えてしまいました。

まさかこれほど普通にネットで買物をして、隣のラーメン屋のメニューから情報を集めて、ネットで記録を続ける様な時代にまでなるとはね。これから10年経てば今日のネットの世界が全く”黎明期”と思えるレベルの何かがAIと共に登場してくるような気がしてなりません。

それまで元気に生きとるかいな?

人気ブログランキングへ

2017年7月23日日曜日

名古屋港水族館へ

昨日に引き続き娘のリクエストに応えての行動を取りました。

まずは「しょぼくても良いから!」というので名古屋港シートレインランドという遊園地を訪れました。前もってウェブで調べていた感じでは、どう考えても幼児向けの小規模プレイランドという感じだったのですが、次女はそんなの関係無いということで、ここに行って遊びたいという謎の希望が出されました。w

実際に行ってまずは大観覧車に嫁さん達がました。実際には相当にでかい観覧車で想像以上に景色を楽しめたらしいのですが、私は下で雨のしょぼ降る中じっとおりてくるのを待っておりました。
実際でかい!一度乗るとかなりの長い間下の人は待たされます。
大道芸人さん。喋りが面白かったですね。

それからも射的をやったりクレーンゲームをしたり、ちびっこ専用のコースターやメリーゴーラウンドに乗ったりプリクラを撮ったり。まあ、思いっきりファミリー向けのミニ施設でしたが、私はこれはこれでありだな〜っていうのが極私的な感想です。
今のプリクラシステム。私が知っていた昔の標準的なものとは何もかも違いすぎて。
物凄く本格的で、目眩がするレベルでした。
ただし、一つだけ頂けなかったのは犬とのふれあい施設「わんこハウス」・・・。犬好きの娘がここに入って出てきた後テンションだだ下がりになっておりました。曰く「病気の犬とかほったらかしだった。虐待されていて可愛そう。」と。マトモに獣医が診てきちんとケアされているのでしょうか・・・。
この後は直ぐに真隣の名港水族館へ移動したのですが、ここでのイルカショーは大変素晴らしいものでした。なんという高度な訓練の成果というか、ただただスバラシイと言うしか無いほどの完成度。最前列から三列目までの観客達がメチャクチャに海水に濡れているのを見てOMG!と言っていたのですが、最初はそこに座ってリアリティを感じようとしていたのですから世話ありません。orz
ここに座っていた時に初めて現れたフリーザ!強すぎるし、ほとんど誰もレイドに参加していなくて劇負けでした。w
嫁さんの助言に従って座らなくて良かったです。座っていたら帰りの車ではレザーシートがメチャクチャに塩だらけになっていたことでしょう。

家に帰り着く前に近所の焼肉屋で大量の肉やサイドを頬張って、満腹・フラフラになって家へと帰り着きました。
さて、次は一体何処へ行かされるのか・・・。娘のみぞ知る世界なんですが、どうやら温泉旅館を経験したいとか何とか娘が言っているとの内部情報が嫁さんから漏れ伝わってきております。

人気ブログランキングへ

2017年7月22日土曜日

18年ぶりの栄・鶴舞公園の夏祭り

今日は娘と嫁さん達を栄につれていきました。

嫁さんにとって栄は18年振りの再訪問だそうで、どこを一緒に歩いても見るもの聞くもの全て「変わってしまった」という感じだったそうです。

当時名古屋に居た頃の私は大学院の研究室と家の間を自転車で往復五分の道を移動するだけで街などにはほぼ全く行きませんでしたので、栄がどうだったかなんて言うことは全く知りもしなかったのですが、間違いなく当時の嫁さんは名古屋に遊びに来ていた妹や実家の母親とよく栄に出ては小さかった娘達と街をぶらついていましたので町並みは知っていたのです。

しかし、今回訪れて「街がきれいになっている!」と言って嬉しそうに歩いていましたが同時に「もう変わりすぎてどこに何があるのかわからない」と言っては何度も嘆いておりました。まあ、これからも何度も訪れるでしょうから直ぐに土地勘を掴むことになるのでしょうが。w

今回はCRASH GATEというパルコの中にある家具屋さんに寄って、家に置く家具をどうするかいろいろサイズを測定しながらウロウロして回りました。

そのあとは次女のリクエストに従って以前住んでいた家のすぐ傍である鶴舞公園の夏祭りに行ってまいりました。今回はここでビールを飲んで帰るのと、息子に地下鉄を味わってもらうためだけに車を使わずに行動しておりましたので、鶴舞に着いた時点で結構な名古屋の熱暑と歩行距離で疲れておりました。

それでも到着したらその雰囲気に皆ウキウキ。浩養園もビヤガーデンを出しておりましたが、屋台もそれなりにありどの屋台の前も大変な数の人で埋まっておりました。それでも春祭りに比べれば規模は半分以下って感じでしたけどね。
それぞれのラインは十人前後だったんですが、料理をつくるほうが間に合わなくて時々刻々ラインが長くなっていました。

それでも頑張って家族で二手に分かれて食べ物飲み物をゲット。ビール、焼き鳥、唐揚げ、三種類のたこ焼き、掬い豆腐を公園の池の端で食べて楽しい時間を過ごしました。
途中でポケモンGOをしていた時にキリンリキが大量に湧いて驚きましたって、、、99%の人にはどうでも良いことですね。w

人気ブログランキングへ

2017年7月21日金曜日

だめんず・うぉ~か~

もともとダメンズの意味は知りませんでした。

しかし、日本を発った後くらいから日本では”だめんず・うぉ~か~”というのが流行っているというのを知りました。その意味を知った後私の脳味噌に出てきたイメージはチンピラに騙される頭の弱いダメ女・・・なんていう古臭いものでしたが、どうやら現実の世界はもちょっと複雑な様で。

身近でDVの被害者とかヒモのネタにされてる女性というのが”表立って”は居ないので、そういう女性のタイピングさえ私の中ではできていませんでしたが、ダメ男に騙され貢ぎ続けるこれまたダメ女と言う意味では実際に倉田真由美のコミックを見る機会があって「あ〜、有るんかもしれんな〜」と思うことばかりでした。

しかし、日本に帰ってきてはや三年半。病院のなかに居る多くの女性=看護師さん達ですが・・・ダメンズWalkerがやはり沢山おられることが良くわかりました。orz

最近一番”うーん”と腕を組んでしまったのは、有る20代の仕事の良くできた看護師さんのことでした。その子はちょっと短気なところはありましたが仕事は比較的テキパキとこなす子で、私は信頼しておりました。
病棟を他の所に移ってからも時々は見かけていたのですが、この春ぐらいから「そう言えば見ないな・・・」という感じになっておりました。まあ、気にもしていなかったのですが、最近になってふとしたことでその事を同年代の同じ病棟で働いていた女の子に尋ねてみたところ「田舎に帰った」とのこと。

「あら、そうだったんかい?」とちょっと驚いたのですが、その理由を聞いて今度は暗然としました。まあ、院内で付き合っていた男性と云々(ご想像にお任せいたします)ということだったのですが、それを知った時は「真実でありませんように」と男親のような気持ちで祈るばかりでした。

仕事が出来る子だからといって男を観る”眼”が涵養されているかというとそれはまた別の話。そういった事の発達には実に複雑な背景が絡んできます。無理もありませんが・・・。

どんな男が良いかなんて言うのは、男の側から見てどんな女がいいかというのがそのペアの数だけ有るのと同じで、基本的には何の客観性もなく、本人たちが良ければそれで良いという世界なのでしょうが、それでもやはりどう見ても駄目でしょうというレベルのものも有るわけで、実に難しいものです。

まあ、私には祈る以外何もできませんし、彼女にしてみればまさに「余計なお世話」ですわな。w

人気ブログランキングへ

2017年7月20日木曜日

お役所仕事

このブログの中でもお役所仕事のお笑いぶりは何度もネタにしてまいりましたがやっぱそれは霞が関でも”当然”変わらないようで・・・。

霞が関で働く様な人というのは基本的に能吏であって、無能は燻るか出世できないかと言うのがその多くの場合だと思われます。特に要求されると思われるのは文書の作成能力。これがなければあの辺りでは息をすることさえできないことでしょう。

霞が関におけるいろいろな官庁の歴代の”事務処理能力”の優れた人達の列伝を読み聞きしてみると、博覧強記型、猛烈に優秀な法文作成能力保持者、寝業師、理論ガチガチの水も漏らさぬ文章を書き上げるもの、意味不明でも北斗神拳で秘孔を突かせないような霞が関作文に優れた人物などいろんなタイプの人が出てきますが、読んでいて感じるのは「目の前に来ている次の時代になったら法文作成と解釈の仕事は殆どがAIの専権事項みたいになると言われているのに・・・」と言う”他人事ながら”心配になってしまうような確実に来る近未来の確定事項のことです。

つまり法文周りのことは法策定の支援も含めて整合性の解釈、判例比較なども含めてAIが確実に人間のレベルを凌駕することが出来るという単純な事実の前に、役所に居るごく一部の最終解釈確認作業者となるトップ中のトップの能吏以外の”非トップたる役人”の多くは洋梨(用無し)のムース状態になるということでしょう。

アメリカでは実際の所日本以上にそれは目前。日本でも、役所が書類流し込んでそれが実際に使いやすいデータベース化される作業が進むに連れて博覧強記の才能が次第に輝きを失っていくことでしょう。

なんなんでしょうかね。優秀な頭脳の持ち主達がクダラナイ、ほとんど意味も無い非効率な仕事に自殺せなアカンくらいに徹夜の連続で仕事してセンセイ方の為にスバラシイ国会の答弁に備えるなんていうのはもう止めにせんと日本潰れると感じるのは俺だけか?

もっと他にやること有るやろうし、それが出来る優秀さも有ると思うんだけどね・・・。

人気ブログランキングへ

2017年7月19日水曜日

大相撲名古屋場所・力士との遭遇

ここ名古屋はいま相撲の季節。

病院の周囲でも近くに「XX部屋の稽古場が有る」とか看護師さんたちでも気づくほど、名古屋では相撲は身近な存在です。しかし、私自身は特にそういったものとの出会いは関係なくこの名古屋で三年半にわたって(以前住んでいた時期も併せたら5年以上)相撲フリーで生活してまいりました。

しかし、ついにそんな私にも相撲を感じる瞬間がやってまいりました。今日は病院の仕事で病院車に乗って移動している時でした。信号待ちで止まってふとバス停を見るとそこには何と力士がペットボトルを持って立っているではないですか!

力士さんの名前は全くわかりませんでしたが、さすがは今時の力士。スマホをチクチクといじっておりました。実は停まった直後に力士さんと目が会い、暫く数秒間お互い見つめ合ってしまいました。w
まあ、私が思わず嬉しさのあまりニコニコしていたのをきっと「またか」と言う感じで見られていただけのことでしょうが。

それにしても街角に立つ力士さん。何とも風情のある風物詩的な存在ですよね。
ここのバス停は名古屋市役所のすぐ前だったんですが、そこを通過した後の名古屋城周辺でも沢山の幟(のぼり)を見ましたので、ああ、ここらあたりが愛知県体育館なんだなと考えた次第でした。

今度は本当に観に行かねばなりません。

人気ブログランキングへ

2017年7月18日火曜日

感染症ラウンドに出席

今日は仕事の終了時間を一時間早めにして副院長先生から頼まれた他院で行われる感染症ラウンドに参加してまいりました。

特に医療行為に限らないと考えますが、何でも”他の所・他の人”を観察することによって己の働く環境やシステムと比較し、その長短を考察するのは大変ためになることです。
自分達では思っても見なかった切り口でシステムが運営されていたり、同じように運営されていてもその背景にある哲学は異なっていたり、その様な差異を自分達の視点の中に取り入れて北極星がどこにあるのかを常に見失わないようにすることは大切だと思います。

今回は緑市民病院の内科にお邪魔してのラウンドでしたが、この病院私は初めて伺ったのですけれども、感染症対策チームの中核となる少数のドクターと非常に勉強熱心なナースが居らっしゃって「なるほど、なるほど」と思うことしきりでした。

ただし、このようなラウンドではその時ラウンドを主催する病院にしてみれば”足りない所”を指摘してもらうのも賞賛してもらう以上に遥かに大切なことで、そこをいろいろな角度から見て指摘せねばなりません。
私の病院からは四人の人間が出席し、それぞれの役職の立場から幾つかの話をさせていただきましたが、基本的に病院の運営側は限られた予算の中で大変な智恵と工夫を重ねていることがみて取れました。まあ、この点は何処も同じですね。

しかし、出席して思ったのは改革の最大の難所・難敵は医師自身なんだな・・・と改めて思わされる逸話揃いでした。w

以て他山の石とせねば。

人気ブログランキングへ

2017年7月17日月曜日

ウンコまみれ

どこの家でも子供の居る母親はオシッコとウンチとの戦いを結婚後に経験します。

最初は酸っぱい臭いの緑色のウンチ、それから段々と臭いのついてくる黄色や茶色のウンチ・・・それにオシッコなんて言うのはお母さんにとってみれば排泄物のうちに入りませんわな。実際のところ私もチビ達が本当に小さかった頃は嫁さんが始終おむつを変えては走り回っていたのを覚えています。

股の間にベッタリくっついたウンチをサクッと器用に拭き取ってまるで何事もなかったかのように次の仕事をしている嫁さんを見ていると本当にこれがあの女の子だったのか?と思えてくるほどアッと言う間に母親になってしまったな〜って感じました。

最初の子が生まれてプリプリ~っと母親の前で初ウンチをした時は同時に上からもゲプっとゲボを吐いてどうして良いかわからずただただオロオロするだけだったのですが、驚くべき速度で進化しましたね。それに比べると親父たる私のウンコ対応力の無さと言ったら・・・全く進歩のシの字もありませんでした。orz

さて今回の日本帰国では猫と犬が帰ってきたことをここに書きましたが、猫はお利口ですのでウンチを散らす心配はゼロということは最初から解っていました。しかし問題は犬。どこもかしこも安全地帯などありません。バリケードの向こう側はバリケード自体も含めて小便と糞のバラ撒かれる無法地帯となってしまいます。(オシッコとウンチ等という生易しい表現は誤解を招くので!)

いくら言っても解る輩ではありませんので、その度に深い溜め息をつきながらクリーンナップとなります。極まれに当たりエリアにウンチを落としてくれたときなどは”ミラキュラス!”と言いたくなるほど。

なんとかしてくれんかねこのバカタレが(# ゚Д゚)!(嫁さんは手のかかるそんなバカタレが可愛いのだそうですが。)

人気ブログランキングへ

2017年7月16日日曜日

お爺ちゃん銀行

世の中には「お爺ちゃん銀行」なるものが有るようです。

少なくとも私の嫁さんの実家ではその言葉は単語として普通に認識されておりますが、その由来はいつでも何か困ったことが有るとどこからともなく現れてサッと金銭を支払ってくれるお爺ちゃんが居た事から始まったようです。

私の親戚はそんな者ものを一切期待できるような爺さん婆さんはおらず、常に私の親の方からパチンコ代の為の小遣いを時々渡していたレベルですので全くの真逆ですね。w(私が未だ大学生の頃に亡くなった親父の側の婆様に至ってはまともに教育も受けていないような明治のド田舎の人間で、カタカナを読み書きするくらいが精一杯で、教養などというものにはまるっきり無縁の”趣味はパチンコ!”の人でした。母方の祖父母はその反対だったようですが。)

さて、今回の長崎帰りで子供達を含めて彼らの祖父母がお小遣い、お祝いを含めて諸々に使ってくれたお金の総額を今日夜の便で息子とともに長崎から帰ってきた嫁さんと類推したのですが、お祝い関係だけで30万、飛行機のチケット代で十数万、その他もろもろのお祝い会の開催、食事代などで確実に20万程度はいっているようで、一体全体今回の”私以外”の久々の帰国後訪問に幾ら使ったのかと背筋が寒くなるようなレベルの出費をしてくれたようで本当に頭が上がりません。

実は、こういった親から子へ、爺さんから子や孫へという出費は嫁さんの実家では何と言うか”一族の風習”の様になっているところがあるのは結婚当初から気づいていたのですが、何ともこの風習に関しては私は口出しも手出しも出来ない世界でした。しかし、私自身もそういった行為を何十回と見るうちに”子孫のために美田は残さず”としながらも、生きているうちに使える金はきれいに使っていくという(無論、セーブしておかなければならない金はセーブ!)方法論にかなり影響を受けてきました。

私自身は身を飾ろうとか贅沢をしようという感覚は全く無いので金は使うところがないのですが、今の子育ての最終フェーズではなかなか経済的に余裕を持てるわけでもなく、なかなか義父のように振る舞うこともかなわない状況で、本当にそういった行為ができるようなるのかは甚だ心もとないのですが、頑張らねばと思う今日このごろです。w

私は使った分だけ自分の人生の戻ってくるという考えを結構信奉しておりますので・・・。(奢られるより奢る人になりたいものです。)

人気ブログランキングへ