2017年11月23日木曜日

東芝は潰れるべくして潰れたんだな・・・

非常識が常識へ。

世の中の変化というものは常にそんなものですが、最初に世の中に無いこと、無いものを始める人は常に殆ど”常識豊かな人々”から「そんなの出来る訳無いでしょう!」と言われるのが恒例の洗礼。ところがそれを屁ともせずに前進していくのが本当の能力を持った天才達。

内側で一緒に働いて居る人達にさえ”見えていないもの”を既に当たり前のようにその先の当然の帰結として見ることの出来る人達。我々はそんな人達を我々はただ理解できない変人として排除してはいないでしょうか?

当時のフラッシュメモリーを発想し、原理と基礎を作った人々はほぼ全員東芝からは消えてしまいました。出ていった先はソニー、インテル、その他国内や海外の大学へと・・・。東芝という会社はこんな人達に正当な資金とポジションと栄誉を与えきれないわけですから、能力のある人達は当然のようにそこから去って正しい待遇を与えてくれる所に移っていくのは水が上から下へと流れるようなものでしょう。

こんな例は別に東芝に限らず今も昔も日本中どこにでも有ることだと思うんですが、アメリカと比較して大きく違うのは大きな器から出た後の受け皿の数の差でしょう。無論、技術的能力に対して正当に評価されることの確実に多いアメリカという極端な国と比べることは難しい一面もあるのでしょうが、昨日のドキュメンタリーをみていて思ったのは、日本という国は本当にスターを育てるのが出来ない国だなって思いましたね。

Forbesの描いたフラッシュメモリーの発明家である桝岡さんに対するUnsung Heroという表現はまさに日本の経営陣・社会全体に対する強烈な皮肉。
東芝の経営陣のフシアナっぷりにおきましては御同慶の至りですが、それでもこのフラッシュメモリが東芝の収益の殆どの部分。しかし、そこを切り出して売りに出さざるを得ない東芝というのはそもそももう終わっております。orz

小さくなってしまった東芝の今と先の見えないこれからに合掌。

今回のお話に関してご興味の有る方は以下のリンクをご覧ください。

桝岡富士雄・Wikipedia
フラッシュメモリは東芝が発明したと胸を張って言えるか?

2017年11月22日水曜日

グリル鍋とトースター

名古屋も寒くなっています。

北海道や日本海側では雪が普通に降っていると友達からは聞きましたが、名古屋は今のところ雪は降らないものの風が吹くと充分震える寒さでして、パーカーではなくウインドブレーカーやSkyliner等の厚手のブルゾンでなければやり過ごせない事が殆どです。

この季節になると家で食べたくなるのは鍋物。そして我が家には未だ鍋のセットが復活していないのです。アメリカには持っていったものの、二期にわたって持って帰った鍋のセットは一回目のものは何だか理由不明でスイッチが壊れ、次に持ち帰ったものも鍋を落とした時に接続部を少し痛めてしまい何となく万全ではなくなったため日本には持って帰らなかったのです。

という訳で日本ではどの会社の何を買うかといいうことでいろいろと”ヒマな”嫁さんがリサーチしたんですが、グリル鍋とトースターに関して次々とアイデアを出してくるものの最終的に絞られて来たのはある一定の傾向をもっていました。
それはBRUNOとAlladinという会社。

私は流行りのBalmudaとかなのかな?等と考えていたので、この奇妙な色合いのマシンを見ていると彼女の言う「かわいい」と言うのはどういったことなんでしょうね。




さて、最後はどれが我が家に来る事になるのか、それともどれも来ないのか?
私はお金を出すだけです。w

2017年11月21日火曜日

25周年・銀婚式でした!

恐ろしいことにもう嫁さんと結婚して25年が経ちました。四半世紀!

何とも不思議な気持ちですが、あの日の結婚式から「もう」25年が経過したということが信じられません。
あの日の寒かった天気も覚えていますし、当日のことも鮮明に覚えていますが、その時点で嫁さんとは既に3年程付き合っておりまして、私自身が医師免許をとったことを確認できてから義父に結婚の許諾を受けに行ったことを覚えております。

結婚した後、個性豊かな三人の子供に恵まれ、とりあえずは両家の両親とも未だ健在です。これほどの幸せが当たり前とはとても思えません。結婚してからは私が大学院生活から研究者としての生活を開始、おまけにアメリカに行って16年弱、嫁さんに至ってはほぼ20年にもわたるアメリカ暮らしをする等とは誰が想像したでしょう。

長い間の貧乏と言葉の不自由な中での生活を強いてきた結婚生活でしたが、「ご飯が食べられて寝る場所がある健康的な生活があればいい」という嫁さんのシンプルですが強い言葉に支えられて生き伸びてきたのはこの私の方でした。
己の駄目さを顧みず、嫁さんには子供じみた怒りを何度もぶつけてその度に呆れられた私ですが、嫁さんからは幸い捨てられることはありませんでした。w

銀婚式のお祝いということで藤が丘にあるPANCO-YAというお店で串揚げを食べました。

この店、嫁さんに言わせるとアメリカに居た頃から行ってみたくてたまらなかったそうで、遂に今回の銀婚式を記念するこの日にその夢がかなったとのことで、何よりでした。長崎に居た頃、結構気に入った串揚げ屋さんがあったのですが、アメリカに渡って以降はそういった店に行く機会もなく、本当に嬉しそうに串揚げを食べている嫁さんを見ている私自身が嬉しくなってしまいました。(^^)

本当はこの後、更に焼き鳥屋に行く予定だったという恐ろしいほど食い物に拘る嫁さんですが、さすがにそれほどのスペースは胃袋に無くなっており、「また次回!」ということで息子の手を引いて三人で歩いて家まで帰りました。

今度は50年目の金婚式?果たして私は生きているのでしょうか。(とか書くと嫁さんは何時も「あんた、そう簡単には死なせへんよ!」と言って怒ります。w)

また嫁さんと幸せな記念のスナップを撮りたいな!

2017年11月20日月曜日

アメリカの長女・素晴らしき出会い

昨夜はアメリカで働く長女に素敵な出会いがありました。

実は私のブログを通じてお知り合いになったDCで働くある女性とこの秋に或る事件で連絡をし合う必要があったのですが、その事が御縁となって、同じくDCで働く長女と今度一度会って食事をしましょう!という事になっておりました。

その事を我が娘に伝えましたところ、ありえないほどの大喜び!
この手の事に昔は比較的ネガティブな反応を示していた怠け者の高校生だったのですが、社会人になって仕事を始めた頃から何だかぜんぜん違うパーソナリティーになってしまいました。
大学で一人暮らしを始め、猛烈に勉強をする三年半を経て、時間に厳しく、仕事に厳しい大人の女性になっていました。

その娘に、今回私とこの女性がどうしてブログを通じて知り合い、その後種々の出来事があって今回のお前との食事会になったと言うことを筋道立ててきちんと説明した後、この女性に関するバックグラウンドを説明し、一度この女性にお会いしてみなさい!というのが今回の食事会だったのですが、昨晩実際にThe White Houseからそれほど遠くないお店でこの女性が娘を食事に誘ってくださり、大変楽しい時間を過ごしたことがLINEで伝わってきました。

この女性のバックグラウンドは大変綺羅びやかで、キャリアを目指す女性なら皆が誰でも素直に感心するようなお仕事を今現在も”激しく”されておられます。その女性に社会人として仕事を始めたばかりの長女を会わせることは、日本に住む父親として娘にしてあげられる最大の贈り物になったかな等と今回考えました。

この女性からも、私にその食事会の様子を伝えてくださるメールが入ってきたのですが、姉のように優しい目線で我が家の新・社会人を見つめてくれた事が伝わるような内容で、親としては何とも表現しようがない程、感謝の気持で一杯でした。昼の仕事の合間を縫って何度も読み返してしまいました。w

何よりも大切な人と人との繋がり。
学ぶ事の多い若い時代に多くを吸収できるような素敵なロール・モデルに出会えた娘は幸せです。

2017年11月19日日曜日

IDとクレジットカード

日本に帰ってきて随分とキャッシュを使う機会も増えましたが、それでも日本を発った20年前に比べると格段にクレジットカードを使える場面が増えてきました。

最近のニュースで”マクドナルドでクレジットカードを使える様になりました”なんていうのがありましたが、私にしてみれば逆の意味で「マジすか?未だ使えなかったの??」という驚きのニュースでした。正直なところ「日本ってまだまだクレジットカードが使えない国だったんだ」という感想しか無し。

日本のマクドナルドがアメリカとは違う資本で動いているというのは知ってはいるものの、それにしてもね〜。アメリカはキャッシュ無しでもほぼ何の問題も無く一ヶ月生活できる世界でしたので、逆に現金で大きいのを出されたりしたら店によっては”We don't accept BIG one”なんて言われて終わりなんていうことが実際ある世界でしたからね。

日常のレベルではよく出し入れするのは精々$20のアンドリュー・ジャクソンくらいまでで、$50や$100のグラント将軍やベンジャミン・フランクリンに至ってはシゲシゲと札を眺めて「Long time no see!」等と言われ互いに笑ってしまうこともしばしば。最後は「まあ、お前を信じよう」等と言われて釣り銭を貰ったりすることもありましたが。

とは言え、基本的に我々の住む日本におけるクレジットカードの使用は高齢者を中心に”まだまだ”普通になってない人達が沢山おりますし、私の両親などもいわゆる”現金信奉者”ですからね。家の購入以外にはローンは組まず、可能な限り眼で確認できる現金で物を購入する。まあ、それはそれで破産と距離を取るための防衛策の一つではありますが、お金の使用の流れを全てのステップで残すという意味では、帳簿をつけるという面倒な作業を避けて、可能な限り楽をしようとする私にとってはカードは必須。まあ、考え方が全く違います。

しかし、カードを使わずコンピュータを使わない両親達はある意味では現代の情報化社会におけるID秘匿者の中のチャンピオンに近い人達でもあります。ガスや水道の料金も集金人に現金を渡すようなことは流石になくなりましたが、キャッシュで全てを済ませることで、日常の行動が秘匿されてしまうことかなり大です。

コンピュータでサーチできるものはIDをもとにいろいろ有るでしょうが、今の世の中、彼らクレカもコンピュータも使わない人達に関して判ることは、セキュリティ機関が私に関して調べ上げて容易に判る恐ろしいほどの情報量の100分の1にも満たないのではないでしょうか。

多分、全力を尽くしてハッカーが調べ出せる私の両親に関して判明する情報と言えば、ガス、電気、水道の使用量とATMにおける年金の振込と現金の出し入れの記録、後は地方自治体のデータベースに入っている不動産の登記情報と納税記録、免許更新の履歴、戸籍くらいではないでしょうか。

考え方や発言、その他諸々の情報まで画像つきで判る丸裸の私とは比べ物にならないほど”謎多き老夫婦”ですな。w
彼らのようなアナログの人達こそ間諜の候補生としては良いのかもしれません。まあ、年寄りすぎているせいで役には立たんでしょうが。

2017年11月18日土曜日

やっぱり良く効くアメリカの市販薬

アメリカから結構いろいろな薬を持って帰っています。

ロックビルやリッチモンドに住んでいた頃は、例え風邪をひいても熱発や咳程度では普通まず医者にはかかりませんでした。医療保険はNIHや大学の支えてくれる大変良い保険に入っていたのですが、それでも当時の収入レベルからすると、数回行くと結構な額の出費になってしまいますので、”本当に”必要なときだけ私の判断で家族を病院に連れて行っていました。

実際のところ、アメリカでは多くの人が病気になってもドラッグ・ストアやグロサリ・ストアに行って”自分の症状”にあった薬を勝手に飲んで治そうとします。それは内科系の疾患に限らず怪我においても同じです。

ところがですね、多くの風邪は自然放置でも期間は少し長くなれどもやっぱり治るのです。そこをどうやってアシストするかが処方薬の力なのですがアメリカの市販薬はとりあえずsymptom別にきちんとターゲットを絞って、かつその有効成分のドーズが半端ではなく多いのです。

もう、普通の日本の内科薬処方量からしたら”マジすか?”と言うほどの濃さを持ったものが多くて笑ってしまいます。w
特に鎮痛解熱薬として売っているアセトアミノフェンであるタイレノルなどはextra strength等となると日本の平均的使用量の2.5倍のものも売っております。

アメリカの娘達は日本で私が通常量の薬を出してあげても「効かな〜い!」と言っては拒否反応を示します。生理痛などの問は特にそうで、日本を訪れている時は当然のようにアメリカの薬を日本まで持ってきています。
恐ろしいのはアメリカの薬の説明書きに「この薬を使って一週間経っても症状が軽快しないときには病院へ言って下さい」なんていう感じの文章があるのです。

それだけ使っても収まらない症状の源って・・・そりゃ病院行かんとマズイですわな。orz
幸いにも私の今回の風邪、あっという間に症状の全てが抑え込まれてしまいました。内科医の好きな市販薬、なんか変ですかね。w

2017年11月17日金曜日

ボトル・キープ

昨夜一緒に飲んだ先生と行った焼き鳥屋では日本酒をキープしました。

(外で飲むという行為自体が少ないため)基本的にボトルをキープすると言う行為はほとんどしない私ですが、今回は違います。この店であれば何度でも間違いなく行きますので、これで問題なし。

ところで私の場合はこのボトルキープにはちょっとした過去の笑い話があります。
以前、千種(ちくさ)駅の傍に隠れたように建っている小さな小さなバーが有るんですが、そこの鹿児島出身のオバサンがこれまた呑助(のみすけ)でして、いつ行っても酔っ払ってるんですね。お互いに話をしていても”呂律”も回らないし、カウンターの向こうに居るお客さんと話をしていてもどれほど話の筋を理解しているのか怪しいのが常です。w

このオバサンの小さな店は実際はバーと言うほどおしゃれなもんでは無くて、簡単な手料理プラス近所のおっさんのちょい飲み酒場位のものなんですが、ここはオバサンの出身地である鹿児島の焼酎が沢山置いてあり、そこには名前が書き込まれた沢山のボトルがキープされていました。

ところがこのオバサン、私が一ヶ月前にキープしたボトルを飲み干しちゃってるんですね〜。「あら〜、XXさん、ボトルが見つからないわ〜」と、酔っ払って言う始末。他のお客さん達がそれを見咎めて「ママ、そんなことしたらあかんわ!」と言うんですが、私は事の成り行きを見て内心”ゲラゲラ”笑っている感じ。もっとも余り顔には出さずにニヤリとした位でしたが。

オバサンに「困ったなあ。まあ良いわ。次のボトル入れて下さい。」と言って事は一件落着。私にとっては、面白い店に行かなくなるようになるよりも、少しくらいのお金を使おうと面白いオバサンを観察する機会を持つほうが、私の人生にとってよっぽど金の使い勝手としては意味があるわけです。一種の"珍獣"観察のようなものでしょうか?

世の中レールを外れてる人のほうが(沢山の困った人達も含めて)かなり面白いのは、今まで生きてきた中の経験でとっくに周知の事実になっておりますが、隣人としてはなかなか一緒に暮らすのは大変なんですよね。w

それでも世の中に必要なのは四角四面の銀行員・公務員だけでないことも確かですな。(私生活は意外と別人でしょうが。)
変なのも普通なのも、馬鹿も天才も、ちびものっぽも、男も女も、いろいろ居るから世の中は愉しいのです。

2017年11月16日木曜日

アメリカの頃の研究仲間と地元で一杯

今日はリッチモンドでリサーチをしていた頃、一緒に働いた仲間と藤が丘で美味しくいろいろ飲食しました。

もともと優秀な外科の先生で、実験をすると丁寧で”手がきれい”な人物でした。いわゆる「再現性の有る」美しい実験をする人物で、私の心の中に以前からある「外科系の先生は手がきれい」という根拠なき確信をエンハンスしてくれた人物の一人でした。

神戸で行われたある学会から関東の有る都市へ戻る途中で名古屋の私の家へと寄ってくれたのでした。東山線をターミナルの藤が丘で降りてきた先生には一年半振りに再会したのですが、本当に昨日別れたくらいの感じ。海外で苦しかった頃に苦楽を共にした仲間というのはどんなときにも信頼できます。

一旦近くにある私の家へ来て頂き、着替えてもらった後は一緒に歩いて藤が丘のガード下にあるいつもの寿司屋へ行きました。
家族の近況を聞きながら、大学を辞めた後のいろいろな状況を聞きながら盃を傾け寿司を食べました。かなりの速度で二人で出されたものを平らげた後、次の焼き鳥屋に入りましたが、そこでも話は止まらず楽しく趣味の話。特に今後やろうかと思っているバイク・ライドの話は大いに盛り上がり、微細を穿った様々な話に更に盛り上がりました。

打ち上げたあとはまた家に戻って嫁さんの簡単な酒盛り用手料理を食べながら眠くなるまでお話をしてお開き。
風邪でヨロヨロになりながらもこう言った尊敬できる友人と楽しい時間を過ごす素晴らしさは男性でも女性でも全く変わりませんね〜。

今度は彼のホームタウンに行ってカーボンで出来たバイクに跨って海岸線を走りたいものです!

2017年11月15日水曜日

風邪ひいたか?

連日のお仕事プラス夜の映画鑑賞による軽度の疲労の蓄積でしょうか?
ちょこっと鼻水が出ております。

とにかく心の中に油断という隙間ができるとそこに風邪が入り込んで来るというのが私の個人的持論。家族の中を見回しても自分の場合でも、なにかが一旦終了してホッとしたりした時がもっとも風邪に罹りやすいんじゃないかと感じています。

とは言え、今年は寒くなるのが急だったせいか多くの人達が病棟でも風邪を引いている状況で、インフルエンザになる前にまずは皆が風邪にかかってしまうんじゃないの?と言うような状況です。

訪問診療で訪れた家庭でも結構多くの家々でコホコホされていたので、もしかしたらそういう診療時にアクシデントが発生したのかもしれませんね。でもそれを患者さんや患者さんお家族のせいにするのは医者としては大間違いで、例えマスクをしていても、気合が抜けているようであればこんな事になってしまうのです。

要するに私が悪い。体調管理が出来ないようでは医者としてはね・・・。熱が出ないことを祈るばかりです。
これが大事なオペ前の外科医だったらなどと置き換えるとダメさがわかると思います。

人に言う前にお前は自分の体調管理を何とかせい!と言うことですね。w

2017年11月14日火曜日

なんで君達の電話はよく壊れるんだ?

ピッツバーグの次女からメッセージ。

電話の画面がタップに反応しなくて使いものにならないというメッセージ。
最初のうちは嫁さんのスマホの方に彼女のnote bookからメッセージが入ってきていたようですが、「お父さんに聞いてみたら?」という言葉の後くらいから私の方に直接メッセージが入るようになってきました。

文面に曰く「パパ、スマホがワークしない。タップしても全然駄目。このメッセージは自分のコンピュータから打ってる。云々。」要するに買っていいかと聞いとるわけですな。w
私が常にsugar daddyになっている状況なので、ここは一つ厳しく「自分でバイトして何とかせい!」と一喝してやりたいところですが、友人とのやり取りのみならず大学でのありとあらゆる情報のやり取りや登録などはほぼスマホで行われる時代です。

やはりそういうことまで考えると送金では授業料以外ほぼ何も送っていない彼女に対しては「これくらいは良いかな」っていう甘い考えが浮かんでは消え〜を繰り返してしまいました。(^o^)
まあ、このあたりが嫁さんから「あんたは最後は結局ゲ・キ・ア・マ」等と揶揄される理由になっておるわけですが・・・。

それにしても長女も次女もよく電話が壊れるのです。殆どの場合は落下によるひび割れとかみたいなんですね。割れていようとそのひび割れ画面で極限まで粘っているのはよく知っているんですけれど、そもそもそんなんだったら落とすことを見越して”少々無骨でも頑丈”なケースを買えよ!っていうのが私のsuggestionなんですけど見栄え重視の若年者諸君はなかなか親父の云うことを聞きません。

iPhone6s PLUSからiPhone7 PLUSへと移行したいらしいんですけれど、最後は娘の喜ぶ反応が見たくてgo signを出してしまった馬鹿な親父でした。あああ〜馬鹿馬鹿。orz